WEB接客ツールでできる特徴を簡単にまとめてみた! ツールごとのオススメの特徴も。

1、WEB接客ツールの種類

ポップアップ
ページにバナーやテキスト、クーポンなどを表示させます。ポップアップを使ったWEB接客は、訪問ユーザーの行動や購入履歴をもとに最適な内容を表示させることが可能です。よくある事例としては購入前にクーポンの情報をポップアップで表示するなどです。追加の情報として効果的なクリエイティブをユーザーに見せることで、サイトの離脱率を防ぎ、コンバージョンの改善につなげることができます。

チャット
チャットタイプのWEB接客ツールはブラウザの右下などにチャットのアイコンが表示されます。アイコンを開くことでユーザーが質問などをチャットで投げかけることが出来、ウェブ上でリアルタイムにコミュニケーションを図ることができます。FAQでは解決できない疑問がある場合「疑問が解決せずに離脱してしまう」という事態を避けられます。主に、カスタマーサポートで発生する問い合わせを減らす目的として利用されることが多いです。チャットタイプには自動・半自動でレスポンスするものも存在し、
・チャットボット(AIが自動でレスポンスするチャットタイプ)
・シナリオ型チャット(手動で選択肢を事前に設定しコミュニケーションを図るチャットタイプ)
があります。

シナリオ型ポップアップ
シナリオ型ポップアップは複数ステップでポップアップが組めるものになります。単発でページにポップアップを表示させるのではなく、ユーザーのサイト内の動きを考えて、あらかじめメッセージを複数のポップアップの中に組み、その一連をシナリオとして検証していくというものです。ユーザーはポップアップをクリックして遷移していくとまるで一連のストーリーのようなコミュニケーションを体感できます。複数ステップでポップアップを設置し、ユーザーを導くことから目的のページへ遷移をさせやすくなり離脱防止に効果的です。また、シナリオの最終目的地がコンバージョンポイントであれば、コンバージョン率の改善にもつながります。

2、ツールごとの特徴

Sprocket
シナリオ型のポップアップを設定でき、複数ステップのポップアップにてユーザーが辿った経路や複数ステップのポップアップ一連を1つのテストパターンとしてABテスト出来るという点が大きな特徴です。また、そのシナリオをAIがさらに良いセグメントに細分化して設計してくれたり、コンサルタントによるシナリオ設計のサポートがあったりと運用支援が非常に充実しています。

Karte
チャット型のLINEやFacebookメッセンジャーツールを効率良く活用できるのが特徴です。外部連携ツールが多いため、他のツールとデータをあわせての分析が可能になります。

ecコンシェル
無料プランがあるため、ポップアップ表示などのWEB接客ツールの機能を低価格で実装できるのが特徴です。AIで自動ABテストが可能なため、運用工数の削減につながります。

Flipdesk
ポップアップとチャットの両方が可能で、クーポン配信に特化しているため、ECサイトに強いという特徴があります。また、管理画面の使い勝手が良いです。クーポン配信に特化したWEB接客ツールですが、わかりやすいシナリオを手軽に運用できるのが特徴です。

3、まとめ

今回はWEB接客ツールの役割と5つのWEB接客ツールをご紹介しました。それぞれのWEB接客ツールには特徴がありますので、WEB接客ツールの特徴を理解したところで自分の状況に合うツールを選びましょう!