【業種別の離脱率データあり!】離脱率を徹底解説!直帰率との違いは?評価や改善の方法は?

サイトから離れてしまうことを離脱といい、その割合を離脱率を呼びます。サイトの最終的なゴールの前にユーザーが離脱している場合が多いならば、サイトは改善する必要があります。今回の記事では、業種別の離脱率のデータも記載しながら、評価や改善をどのようにすればよいか、直帰率とはなにが違うのかを開設していきます。
ユーザーが最終的な目標ページに向かう前にサイトから離れてしまうことは、往々にしてあることです。この点を改善して目標のページへ誘導・到達させることでWEBサイトの改善を図ることができます。そこで、ユーザーのサイトからの離脱の割合を改善するために、「離脱率」という指標をみることになります。ただこの離脱率、正しく理解しないと改善が思わぬ方向に向かう可能性があります。今回はこの離脱率に焦点をあてて紹介をしていきます。

離脱率とは?

WEBマーケティングの世界でいう「離脱」とはサイトへ流入した後、次のページへ進まずブラウザを閉じたり、他のサイトへ移動したりすることを指します。離脱率は
「そのページの離脱数÷そのページのPV数」で計算される数値のことを指します。
高ければ、そのページとユーザーの訪問意図とがミスマッチしている可能性が高いため、要改善に必要があります。

離脱率と直帰率の違い

似たような言葉で、「直帰率」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。直帰率もページからの離脱の割合を示す指標になりますが、その実は定義が大きく異なります。

・離脱:一連のページ移動後、離脱という状況の中で最後のページに対して割り当てられる言葉
・直帰:一連のページ移動後、離脱という状況の中で、起点のページだけを見てすぐに離脱した際に割り当てられる言葉

離脱とは最後のページでユーザーが離れてしまうことを指し、直帰とは、起点となるページのみを見てすぐにサイトを離れてしまうことを指します。これが直帰率と離脱率の大きな違いです。
図を例にとって説します。あるサイトで4パターンのページの移動の流れがあったとします。離脱は基本的にそのセッションの最後に離れたページに割り当てられる言葉になるので、ページAでは1離脱、ページBでは2離脱、ページCでは1離脱となります。これをそれぞれのページのページビュー数で割ると、各ページの離脱率が算出されます。対して直帰率は流入直後、起点となったページでの離脱を指します。そのため、ページAでは1直帰、ページBでは1直帰、ページCでは0直帰となります。これをそれぞれのページが起点となった場合のページビュー数で割ると直帰率となります。ここでは、ページBが離脱率も直帰率も悪く要改善という分析結果になります。

Google Analyticsから見る直帰率と離脱率の分析方法

離脱率や直帰率を見る場合は、Google Analyticsのレポートを見るのが手軽でしょう。サイドバーの「行動」⇒「すべてのページ」よりレポートを表示させればページごとの離脱率や直帰率が確認できます。
自分のサイトの離脱率や、直帰率を知る場合はGoogle Analyticsを実装して調べるのが手軽で早いです。サイトにタグを入れるだけで簡単に導入が可能です。数値を知る場合は、Google Analyticsに入り左サイドバーのレポートより「行動」→「すべてのページ」のレポートを表示してください。そうすると、ページ単位での直帰率や離脱率が表示され、そちらで確認ができます。

離脱率の評価のポイントは?

・離脱率を見るべきページのポイント
実際に離脱率を見る場合は目標ページに近いページから重点的に見ていくようにしています。たとえば、ECサイト(成約は購入完了)だと、

カートページ > 特集ページ・商品詳細ページ > トップページ
という順序で見ていきます。もしも、カートページの離脱率が高いようであれば早急に改善を図るべきです。ECサイト以外でも考え方は同様で例えば会員登録を重視するコミュニティサイトであれば会員登録ページが会員登録完了ページに対して最も近いのでそのページの離脱率を重点的に見ると言った具合になります。

業種別の離脱率目安データ

離脱率が高い・低いについての基準については同業種のデータと比較して判断するのが一番です。そこで過去に分析したことのある業種に関して、ECサイトならば最も重点的に改善が必要であるカートページの離脱率データとTOPページの直帰率をまとめてみました。一つの目安として自分のサイトと比較してみてください。

【各業種 カート(商品カゴ)ページでの離脱率データ目安】
カートページでの離脱率とTOPページの直帰率の業種別のデータです。アパレル、食品、生活雑貨、化粧品、高級商材などのデータが掲載されています。

離脱率や直帰率が高い理由

離脱率が高い理由として代表的なものはページに記載している情報とユーザーが欲しい情報とがミスマッチしているという点です。ユーザーが求めている情報がすぐに見つけられない、存在しないと離脱率は高まる傾向にあります。その場合はユーザーが求めていそうな情報をページに追記または、表示させるという措置が必要です。
離脱率や直帰率が高い理由はページに表示されているコンテンツと訪問したユーザーの知りたい情報がミスマッチしているという点が可能性が高いです。その場合、ページに補足情報を記載してあげることで、ユーザーに適切な情報を与え、ページの離脱や直帰を阻止することができます。
例えば商品を購入するにあたり、会員登録を求められログインに失敗したユーザーがいます。購入をしたいというニーズはあれども、ログインできないのでその先の購入プロセスに進めないとなれば、ユーザーは諦めてそのページで離脱するという可能性があります。しかしながら、本来はログインせずとも購入できるという状態なのであれば、ログイン失敗後にその情報と適切な導線を記載すれば離脱は防ぐことができます。
このように、離脱率の高い場合はユーザーの動きを想定し、ミスマッチをいかにして回避していくかが重要になります。

直帰率に関しても同様の考え方となりますが、あくまでも流入直後のページでの離脱が高いということになるため、広告で表示している文面と広告のリンクを踏んでたどり着いたページとのミスマッチなど流入前に発信しているメッセージとの齟齬などもみる必要があります。

離脱率改善のためのオススメツール

離脱率を改善する場合はページのコンテンツを何度も調整し、継続的にテストをしていく必要があります。そこで手軽にページの改修を図りながらも、離脱率の改善に努めたい場合はWEB接客ツールをおすすめします。WEB接客ツールはユーザーの条件を設定して、該当ユーザーに対して最適なポップアップを表示させることのできるツールです。ユーザーの状況に合わせて最適な情報を付与することができます。多種多様なユーザーニーズに対して個別に情報を付与することができるため、離脱率の防止にはうってつけのツールです。
まとめとして厳選したツールをいくつかご紹介しますので、離脱率を改善したい場合はぜひ検討してみましょう!

FLIPDESK

WEB接客ツールのFLIPDESKはクーポン配信機能に強いツールです。カートページでクーポンを用意すれば、クーポンの訴求力に惹かれ、ユーザーのカゴ落ちを防ぐことができます。
・おすすめポイント
クーポン配信に特化しているため、カート(商品カゴ)ページでの離脱率防止に強い。

FLIPDESKはクーポン配信に特化しているWEB接客ツールです。例えば、カートページに訪れたユーザーへ現在訪れている時間にのみ適用できるクーポンを表示させることで、商品購入意欲をぐっと高め離脱を防ぐといった施策が可能です。施策がクーポン配信に集中しているため、他の理由で離脱しているといった際には、施策の幅を狭めないよう注意が必要です。

FLIPDESKへ移動する:https://flipdesk.jp/

Sprocket

SprocketはWEB接客ツールの中でもシナリオとしてユーザーの動きをまとめて評価検討できるのが強みです。そのため、複数のページをまたいだ結果あるページでユーザーが離脱しているなど一連のページの流れを見ながらユーザーの離脱率を改善できる点が特徴です。
・おすすめポイント
複数ページをまたぐユーザーの離脱率を改善しやすい。

Sprocketは各ページで表示されている異なるポップアップを一括りにして「ユーザーシナリオ」を作成、そのシナリオに対して分析を施せるという独自の機能が強みです。例えば、商品詳細ページに来たユーザーの離脱理由が商品の購入方法を理解していなかったという点が理由なのであれば、「事前に商品の購入方法の説明ページへ誘導させるポップアップを表示→購入方法の説明を見せた後、商品詳細ページへ誘導させるポップアップを表示→商品詳細ページへ移行させる」という離脱防止のための一連のシナリオの良し悪しを評価することができます。他のツールの場合、ページ毎で表示される異なるポップアップの組み合わせを評価することができないため、複数ページをまたいだ離脱率の改善施策をしたい場合はおすすめです。

Sprocketへ移動する:https://www.sprocket.bz

ECコンシェル

ECコンシェルはWEB接客ツールの中でも価格が安価なため、今までWEBサイトの改善などに着手できていなかった企業でも簡単に導入がしやすいです。とりあえず離脱率改善のためにWEB接客ツール始めてみようといったラフな考えでもスムーズに導入ができます。
・おすすめポイント
価格が安価なため、離脱防止施策を手軽に始めやすい

無料プランがあるため、手軽に施策に着手することができます。WEB接客ツールの基本的な機能であるポップアップの表示はもちろん、施策の効果の是非をAIがABテストで判断してくれるため、運用の負担も減ります。しかし、無料プランの場合は機能に制限が入るといったデメリットもあるため、自由にいろいろ試してみた良いという方には向いていないツールです。

ECコンシェルへ移動する:https://ec-concier.com

Ve

Veは離脱防止に特化した特別な機能があるツールです。他のWEB接客ツールとは異なりブラウザの閉じるボタンを押した際に、コンテンツが横にスライドして離脱防止用のコンテンツが表示されます。他のWEB接客ツールでうまく離脱率が改善できない場合は、このツールを並行して別パターンでのクリエイティブの出し方をしてみるといった施策も良いと思います。
・おすすめポイント
ポップアップ表示による情報追加でない、離脱防止に特化した独自機能がある。

Veではポップアップによる離脱防止施策ではなく、ブラウザの閉じるボタンを押した時に、コンテンツが横にスライドして、離脱を防止するためのメッセージを見せることができる。といった独特の機能があります。閉じるボタンを押したユーザーは明確に離脱をするユーザーになるため、メッセージの良し悪しがわかりやすいという強みがあります。ポップアップでの表示ほど柔軟な情報の表示の仕方ではないため、WEB接客ツールと並行して使用するのがおすすめです。

Veへ移動する:https://www.ve.com/ja/solutions/onsite-engagement