One to Oneマーケティングの実践に!おすすめマーケティングオートメーションツール一覧

1、マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーション(Marketing Automation)とは、企業のマーケティング活動において従来は人間の手で繰り返し実施してきた集客や販売促進活動、顧客管理などの一連の業務を自動化・連動させて行なうツールのことを指します。

なお、マーケティングオートメーションは英語の「Marketing Automation」を略して「MA(エム・エー)と呼ばれることもあります。

2、導入におけるメリット・デメリット

マーケティングオートメーションの導入におけるメリット・デメリットを紹介します。マーケティングオートメーションのメリットとしては、営業・マーケティングの連携強化、業務の負担軽減などがあげられます。

いくつかあるメリットのなかでも最も大きいメリットは、営業に受け渡すことができるリード創出です。WEBサイトの資料請求などから顧客のメールアドレスを収集し、メールマガジン等のDM施策で顧客にとって魅力的な情報を伝えていきます。反応の良い顧客を見込み顧客(リード)としてさらに、成約に向けての情報を提供していくことで潜在顧客⇒見込み顧客⇒成約顧客への顧客育成のSTEPをフォローしてくれます。従来のメール配信ツールとの違いはこの顧客育成プロセスをベースとして、見込み顧客のデータを可視化しやすくしたり、顧客群ごとへの情報配信を容易にしてくれたりの機能があるということです。

具体的な機能としては、リード管理やアクセスログの収集、見込み顧客の育成を意味するリードナーチャリングのプロセスを現状から分析できるレポート機能やメール配信機能などがあり、どれも顧客との親密さを高める効果的なツールだといえます。

ただし、マーケティングオートメーションには運用上注意する点があります。マーケティングオートメーションは、導入してすぐに効果が出るものではないため長期的な運用体制が必要になります。また、マーケティングオートメーションは見込み顧客育成のためにどのようなクリエイティブやシナリオを用意するかは人間が考えて施策化する必要があります。完全にツールで自動的に育成を担ってもらえるわけではありません。

他にも十分な顧客リストが必要なことも注意点としてあげられます。もともとマーケティングオートメーションは顧客を特定できる情報(メールアドレスなど)から見込み顧客を仕分けしながら、メッセージ配信を個別化、効率化するといった機能が多いです。つまり機能の特性上、メールアドレスなどの顧客を特定できる情報がある程度蓄積されていることが重要です。一方でサイトに来たばかりまたはサイトに登録していない「匿名のユーザー」に関しては、顧客の情報がマーケティングオートメーション内に蓄積されないケースが多いため、これらのユーザーに対しては施策を打ちづらいです。そのため新規ユーザーまたはサイトで顧客情報をとっていないような状態であればマーケティングオートメーションを活用していくのは不利になります。

3、おすすめツール一覧

MARKETO

MARKETOは、2007年創業のマルケト社が設計・開発した製品です。MARKETOにて重要視されているのは、リードナーチャリングとスコアリングです。スコアリングによって休眠顧客や見込み顧客を容易に特定でき、精度の高いターゲティングを実現できます。
料金に関してはメール、SNSのといった連絡先が特定されているアカウント数で料金が変動します。

b→dash

b→dashは、集客・販売促進・売上管理・顧客管理など幅広いマーケティングプロセス全体のデータをひとつのインターフェイスで利用することができます。総合的なマーケティングプラットフォームとしてDMPとしても利用しやすい点が特徴です。

プロバンス

プロバンスはデータ分析に定評のあるBrainpad社が提供しているMAツールです。データ分析に強い企業のため、数多くのデータをどのように組み合わせで効率よく運用していけばよいかの効果的な設計支援・サポートに定評のあるツールです。

カスタマーリングス

カスタマーリングスは、分析のしやすいインターフェイスに定評のあるツールです。RFM分析や併売商品分析などの高度な分析が容易にできます。また、アンケート作成機能など他のMAとは異なる機能も存在しております。

4、まとめ

マーケティングオートメーションとは何かということを理解することができたでしょうか。
データ・ドリブン・マーケティングにもつながるマーケティングオートメーションツールは今後もさらに導入が拡大されていくことでしょう。

ベンダーからのサポートも充実しているため、自社においてどのような課題を解決できるかわからない場合はベンダーへの問い合わせも有効なため一度問い合わせてみるのも良いかもしれません。