【WEBマーケティング用語集】EFO:サイトを改善したい場合には必須!

1、EFOとは

EFO(Entry Form Optimization)とは、入力フォーム最適化のことを指します。Webサイトにて買い物や会員登録、資料請求をするときに個人情報を入力する必要がありますが、入力項目が分かりにくいと離脱する人があらわれてしまいます。この結果、購入する人数が少なくなるなど悪い結果が生まれるため、EFOを行うと行わないとではコンバージョン率が大きく左右されます。EFOのポイントはいかにストレスなく入力を完了させるかで、ストレスフリーな入力フォームを制作することで離脱者が減り、コンバージョン率はぐっと高められます。

2、EFOの効果的な施策

EFOの具体的な施策を例示すると以下になります。

必須項目の入力を終えてから完了ボタンを表示させる

最も起きる入力エラーが必須項目の入力忘れであり、これを未然に防ぐ必要があります。効果的な方法として、必須項目をすべて入力するまで完了ボタンを表示させない方法が有効です。これで必須項目の入力忘れを防ぐことができ、ユーザのストレスを軽減させることができます。

入力不備をすぐに気づかせる

完了ボタンを押下したあとに入力の不備に気づくことがくり返されると、ユーザはすぐに離脱してしまいます。そこで、入力したらすぐにチェックをして不備があれば知らせるシステムにするとよいでしょう。これにより、完了ボタンを押下する前には完全にOKの状態になっており、ユーザにストレスを与えることがありません。

入力項目を減らす

ユーザは詳細な個人情報はなるべく入力したいとは思いません。特に必須項目が多くなるほど離脱率は高まります。まずは必須項目数を減らすように努めましょう。そして、不要な入力項目は削除して、なるべくユーザに手間をとらせないようにします。

入力内容を明確にする

入力内容を明確にすることによってユーザを迷わせないようにします。必須項目には「必須」との表示をつけ、記入例を記載するとよいでしょう。

完了までのステップを表示する

エントリーフォームに入力する項目数が多いときに有効です。完了までの目安を知ることができればユーザのストレスを軽減させることができます。

自動入力機能を利用する

少しでもユーザに手間をかけさせないように自動入力機能を利用することをおすすめします。例えば郵便番号を入力するだけで途中までの住所を自動入力する方法があげられます。操作ミスやモチベーションの低下を防ぎ、コンバージョン率を高めることができます。

全角と半角の自動切り替えを行なう

ユーザの入力ミスで多いのが全角と半角の入力ミスです。そこで、全角と半角の自動切り替えを行なっておくとよいでしょう。

ランディングページとエントリーフォームを一体化させる

ページを遷移するほど離脱率があがってしまうため、ランディングページとエントリーフォームを一体化させる方法があります。コンバージョン率を高める効果が期待できます。

入力項目以外も配慮する

入力項目以外にも気を配る必要があります。例えば、入力画面や確認画面に余計なリンクを貼らないことや確認画面で再入力する必要がある項目を明確に指し示すことなどがあげられます。