これからECサイトを作りたいあなたへ。EC構築で人気のEC-CUBEでできることとは?

ECサイトをこれから作りたいあなたが様々調べてみると、よく見かけるのが「EC-CUBE」だと思います。操作性もよく豊富な機能でEC構築を支援してくれるソフトですが、どのような機能が使えるか説明も多くわからないという方も少なくないのでは。ここではEC-CUBEの機能や良い点・悪い点を検証していきます。

EC-CUBEとは?

EC-CUBEは、株式会社ロックオンが開発したがEC構築支援パッケージソフトです。ECサイトの運営や管理に特化したオープンソースCMS(コンテンツマネジメントシステム)になっており、あまり開発に明るくない人間でも簡単に導入できます。また、大手EC構築支援ソフトは多くの場合、有料になることが多いのですが、EC-CUBEは無料で利用できます。
また、日本で開発されたソフトなため、日本語対応もあります。機能や操作性の良さが人気のポイントです。

EC-CUBEでできること

管理画面でできることは非常に充実しており、サイトでユーザーが体験できることも、一般的なECサイトでできることが標準的な機能として実装されているため、一から開発するよりはるかに早く要件が定義しやすいです。また機能を追加するプラグインを活用すればさらに差別化されたECサイトを展開できます。

【EC-CUBEの機能一覧はこちら:https://www.ec-cube.net/product/function_v3.php

管理画面

代表的機能 内容
認証機能 複数管理者の登録、ID,パスワードの設定
商品管理 商品情報の登録や編集、商品の情報のCSV出力
受注管理 受注情報のCSV形式での出力(注文者・受注商品・支払方法・配送先の情報より構成)、電話やFAXでの受注登録、納品書PDF出力など
会員情報管理 顧客情報のCSV出力、登録、編集
コンテンツ管理 新着情報、おすすめ情報、SEO管理など
メルマガ配信 メルマガの配信、配信先の絞り込み
売上集計 期間別、商品別、年代別、職業別、会員別で売上集計

サイト(ユーザーへの表示画面)

代表的機能 内容
商品一覧ページ作成 一覧の並び替え可能
商品詳細ページ作成 説明文、商品画像、かご入れボタンの表示
商品タグ 商品のタグ化
在庫終了ステータス 自動で在庫切れを表示
ユーザーレビュー ユーザーによるレビューの表示
商品お気に入り 商品のお気に入り機能
商品注文機能 カート機能、非会員でも購入可能な機能の実装、お支払い方法の選択など
お客様ページ 注文履歴の表示、お気に入り商品の表示、退会

EC-CUBEのメリット・デメリット

メリット

・無料で実装できる。
もちろんEC-CUBEを使うには、サーバーやドメインの費用はかかるため、すべてが無料というのが厳しいですが、大手のECパッケージソフトを利用するよりも安く抑えられます。ECサイトをよりオリジナルにというところでなく、基本的な機能があればよいという方にはおすすめです。

・実績豊富かつ、日本製のため信頼ができる。
EC-CUBEは流通金額1,500億円(株式会社ロックオン調べ)という実績もあるように、国内でも導入が多くされているソフトです。無料という言葉で少しネガティブに思った方でも、日本でこれだけ事例が多いのもあり安心して導入に踏み切っております。また、システムの基盤であるオープンソースが日本製ということもあり、なにか起こった際にも対処が国内でされるためEC-CUBE側のシステムのエラーがあってもリカバリーが早いというのが特徴です。

・機能の豊富さ
ショッピングカート機能、商品検索、ユーザーレビューなどのサイト側の機能であったり、管理画面では顧客情報や受注情報があったりとEC-CUBEはすでに実装されている機能が豊富なため、すぐにでもECサイトを運営ができるパッケージソフトとなっております。またメルマガの配信やポイント購入など固定客を掴む機能も実装されており、マーケティング面でもサポートをしてくれます。

・利用者コミュニティの充実
ツールやパッケージソフトを利用するユーザーにとって、気になるのはサポート厚さ。EC-CUBEは無料ではあるものの「開発コミュニティ:https://xoops.ec-cube.net/」が存在し、ユーザーがその場で多く交流しています。ここでは質問もでき、ECパッケージ初心者でも効率的に問題解決できる場となっています。

・カスタマイズ性の良さ
標準で実装されている機能とは別に、プラグインやデザインテンプレートを追加・変更することにより、機能やデザインを自由にカスタマイズできるのも強みです。
ECサイトを運営していくと、サイトの規模にしたがって新しい機能の追加が必要になったり、デザインのリニューアルが必要になったりします。EC-CUBEは約1,000のプラグインやデザインテンプレートが用意されているため、機能追加やデザイン変更が簡単にできます。

・マーケティング面でのサポート
サイト自体の機能やデザインに関わるプラグインだけでなく、マーケティングに関わるプラグインも存在しています。例えば、購入離脱の際にクーポンを表示しサイトの効果改善を図るWEB接客ツールの中ではZenclerck(https://www.zenclerk.com/)がEC-CUBEに対応したプラグインを公開しています。
また同様のWEB接客ツール、KARTEの場合はEC-CUBEと機能連携をしており、KARTEのタグをEC-CUBEに設置してもしっかりとWEB接客ツールが機能します。

このようにマーケティング系のツール連携やプラグイン追加の柔軟さもEC-CUBEの特徴です。

デメリット

・構築には技術力が不可欠
オープンソースであるEC-CUBEは自由に使用・改良ができるもののそれは技術力が合ってこそ。ユーザーによるフォーラムなどで情報の提供・交換はされていますが、調べるにも一定の知識が必要になります。
自社や開発会社でHTML・CSS・PHPなどプログラミング言語の知識があるエンジニアを用意してもらわないと、開発ができない場合、自分でサイトの修正などができないためエンジニアの準備は必須です。

・セキュリティ面での若干の不安
EC-CUBEは利用者が多いものの、オープンソースというシステム基盤のことを考えると、セキュリティ面での不安を述べざるを得ません。オープンソースは無料で使えるメリットもありますが、やはり有料のソフトウェアと比べるとセキュリティはやや弱いです。理由としてオープンソースは広く一般に公開され、誰でも自由にそのソースコードを使用・改良・再配布できるソフトウェアです。その特徴からどんどん利用するユーザーが増えていくのですが、その反面悪意をもったサイバー攻撃者に攻撃されるリスクもあがってしまうためです。セキュリティを考慮しないと顧客情報の漏洩などの問題も発生します。当然、有料のもののほうがセキュリティ面を考慮して設計を行うため、EC-CUBEを選ぶ際はそのリスクが起こりうる可能性も考慮しておく必要があります。

こんな方におすすめ

いかがでしたでしょうか?ちなみにEC-CUBEはできることとメリット・デメリットからこんな方におすすめです。

-ECサイトを安く作りたい
-追加で開発すべき機能や、デザイン、マーケティング機能などの付加価値をつける際の費用を安く抑えたい。

ECを構築する際の開発会社、ソフト選びの参考にしてみてください。