【WEBマーケティング用語集】CRO:コンバージョン率最適化

1、CROとは

CRO(Conversion Rate Optimization)とは、サイトへの訪問者のコンバージョン率を高めるための施策のことをいいます。離脱率が高いサイトでは改善を行なうことによってコンバージョン率を大幅に上昇させることができます。

具体的には、ランディングページを改善する、フォームでの離脱を減らす、意図する導線への誘導を高めるなどの施策があります。

2、CROを実施するためのポイント

CROを実施するポイントは3つあります。

・フォームを変える
・CTAを変える
・導線を見直す

まず確認すべきなのが、コンバージョン率に深く関わっているエントリーフォームです。本当に必要かどうかフォームの項目をひとつひとつ確認していきましょう。その他にも、必須・任意の表記や入力完了までのステップ、記入例を表記するといった工夫を行なうとコンバージョン率を上げることができます。EFOについてはこちらでも紹介しています。
【WEBマーケティング用語集】EFO:サイトを改善したい場合には必須!

次にCTAとはCall to Actionの略で、「購入はこちらボタンなどを指しますが、それを改善することも効果的です。例えば「購入はこちら」ではなく「無料資料請求」に変更し、敷居を下げただけで最終の購入率が上がったという事例があります。

また、オレンジは目立つ色のためコンバージョン率が高い色とされているなど、ボタンと背景色のバランスを考慮するという施策も一つの手です。

最後に導線についてですが、ユーザーを最終コンバージョンへ誘導させるために、トップページや商品ページからエントリーフォームに導かれるまでのユーザー数の割合やフォーム入力から完了して送信するまでのユーザー数の割合に注目しましょう。前者のほうが低い場合はCTAに、後者の方が低い場合はエントリーフォームそのものに問題があるといえます。

改善の際はそれぞれ改善するポイントが異なるため、切り分けて考える必要があります。同時にふたつのことを行なうのではなく、より悪いほうから順に改善していくことをおすすめします。

3、おすすめツール

CVRを改善するために役立つABテストツールとWEB接客ツールをご紹介します。

ABテスト

Optimizely
世界No.1のシェアを誇るABテストツールです。管理画面は日本語に対応していますが、ヘルプページなど他の画面は英語になっています。Webサイトとアプリのワンストップで最適化を実現することができます。

Visual Website Optimizer(VWO)
こちらも管理画面は日本語に対応していますが、その他の画面は英語になっています。ヒートマップ機能がついているため、ABテストの結果を視覚的に把握することができます。また、ページの読み込み速度が遅くならないことを謳っています。

Kaizen Platform
自身の会社にデザイナーやエンジニアがいなくてもクリエイティブ作成を外注することによって手間をかけずにABテストを実施できます。企業ごとのビジネスモデルに合わせてサポートしてくれる特長があります。

WEB接客ツール

ecコンシェル
高性能AIを搭載しており、CVR改善に特化したWEB接客ツールです。サイトのCVRを素早く改善したい場合や手間をかけずにPDCAを回したい場合に適しています。無料~安価で利用できるため、何かWEB接客ツールを使ってみたいとなったときに手をつけやすいでしょう。

Sprocket
AIや運用代行、コンサルティングなど改善施策を委ねられるサービスが充実しているため、CVRの改善方法の教示までサポートがほしい方にオススメのツールです。機能としてはチュートリアル型のポップアップを複数組み合せて接客のシナリオを作ることができ、そのシナリオを分析・検証できます。ページ単体のCVRの改善ではなく複数ページを回遊させる接客シナリオを作ることができ、シナリオ内でのユーザーの一連の動きのCVRの良し悪しを分析できる点が強みです。

KARTE
訪問者をリアルタイムで可視化することができるのが特長です。自由度が高く、さまざまな機能を利用することができます。クーポン配布だけではなく、多くの接客アクションをとることができます。