【WEBマーケティング用語集】CPA:Cost Per Action/Cost Per Acquisition

1、CPAとは

CPA(Cost Per Action/ Cost Per Acquisition)とは、WEB広告を利用したときの効果を測る評価指標のひとつです。1件あたりのコンバージョンにかかるコストのことを指し、顧客獲得単価とも呼ばれています。CPAが低いほど費用対効果は高いといえるため、良い結果であると言えます。

なお、コンバージョンとは最終的な成果のことを指します。どの段階まで進んだらコンバージョンとするかという基準は各々の企業によって異なります。例えば、商品購入・会員登録・サンプル商品購入などがあげられます。

2、CPAの計算方法

CPAを求めるための計算式は以下の通りです。

かけている費用 ÷ コンバージョン件数 = CPA

それでは、具体的に数字を当てはめて考えてみましょう。例えば、広告費用が100万円、目標コンバージョン件数が1,000件の場合は以下のような計算式が成り立ちます。

広告費用(100万円) ÷ コンバージョン件数(1,000件) = CPA(1,000円)

この場合、目標となるCPAは1,000円と計算することができます。広告を出稿するときは、このCPAを基準とすることが運用管理するときのひとつのポイントとなります。

3、重要指標!CPAを把握するメリット

CPAの目標金額を設定することは非常に重要で、マーケティングに対しての投資を何の目標金額も無く行うと、コンバージョン1件に対して費用がいくらかかっているのか分からなくなってしまいます。すると、掛けている投資の効果も不透明な状態になってしまい、結果、費用対効果が悪いままマーケティング活動を行ってしまうことになりかねません。

CPAを利用して運用改善を行う例として、例えばリスティング広告ではキーワードごとのCPAを計算してコンバージョンがないものや目標CPAを上回っているものを除外して最適化するなどします。そうすることでキーワード単位での費用対効果の改善を図ることができます。CPAを理解すれば投資対効果の悪い箇所の改善に早く着手することが可能なのです。

このようにCPAを把握するメリットはとりわけWEB広告に対する費用対効果を確認できることがあげられます。CPAと商品単価のバランスを考慮し、広告やサイトの改善を果たしていきましょう。